【カフェで起業相談】あなたの起業のお悩み聞かせてください≫≫

【昭和区八事の塩竈神社でお宮参り撮影】どんな写真が撮れるの?

2022年2月8日(火)10時~11時

撮影場所:塩竈神社

撮影ジャンル:お宮参り写真

納品枚数:139枚

 

こんにちは。
愛知県の神社で自然体のお宮参り写真を撮っています。

八事にある塩竈神社は、年間でも20回ほど撮影に訪れている神社。

お宮参りだけでなく、七五三撮影でも人気の神社です。

今回は塩竈神社でお宮参りを検討されている方のために、

どんな感じで撮影をしているのか?

をイメージしていただけるよう、2022年2月8日に撮影をさせて頂いたご家族の写真を参考にご紹介させて頂きます。

 

 

【昭和区八事の塩竈神社でお宮参り撮影】どんな写真が撮れるの?

僕の撮影は自然体を撮ることを専門にしています。

カメラ目線の写真も撮りますが、基本はカメラを気にしていない瞬間の何気ないシーン。

夫婦ともに、かしこまった撮影は苦手。

ポーズを指示されて「ハイポーズ」で撮られる写真は嫌だ!

そんな方に限定してご依頼を頂いております(^^)

しっかりカメラ目線で撮るオンショットと、

カメラを気にしていない瞬間のオフショット

この2つの写真をそれぞれお撮りしていきます。

割合は、オンショット3割、オフショット7割くらい。

 

「撮られる方に負担をかけたくない」

「自然体の写真をより多く撮ってあげたい!」

という想いでやっています(^^)

塩竈神社はお宮参りではとっても人気の神社の為、

平日でも多くの参拝者がいらっしゃいます。

また、こじんまりとした神社ということもあり、どうしても背景に人が写りこんでしまうことは避けられません^^;

 

※この日は時期的に全然人がいませんでした。

 

 

塩竈神社でお宮参り撮影の流れ

まず最初はご祈祷の受付からスタート。

塩竈神社は事前のご祈祷予約ができない為、受付して随時ご祈祷という流れになります。

通常であれば、受付後10分~15分後くらいでご祈祷ができそうな感じ(^^)/

ご祈祷までの待っている間も自然な様子をパシャパシャ!

ご祈祷中は外で待たせて頂いておりますが、中の様子が撮れそうでしたらどんなシーンでも写真に残しておきます(^^)

ご祈祷が終われば、境内での撮影。

本殿前でカメラ目線の写真や

絵馬を見ているところ

賽銭箱の前で手を合わせているところなど

お宮参りの参拝に来たご家族の様子を密着して撮るような感じ(^^)

常にカメラを向けていますが、

「ここではカメラは全く気にしなくていいです!」

「ここはカメラ目線にしましょう」

と、指示をしながら進めさせて頂いております。

 

 

どうやって自然体を撮る?お宮参り撮影の真実

実は、自然体の写真と言っても、多くの方が自然体でいられるわけではありません^^;

正直なことを言うと…

 

自然体で撮ってくれることに興味を持って僕にご依頼を頂いても、当日は

「何もわからないので誘導してほしい」

「指示をしてほしい」

と言われる方がほとんどなんです。

自然体と言うと、自由に境内を行動して頂き、僕が勝手に撮っていくというような、

撮影と言うよりも勝手に撮ってくれている。

この撮り方が一番自然体に撮れる方法。

でも、実際はそうはいかないものです。

「自由にしていてください」

「自然にしていてください」

って言われても困ってしまう方って多い。

なので、こちらで指示をして誘導することも必要になってくるんです。

シーンによっては、自然体を演出するような感じになることもあります。

「3人でこっち向かって歩いてきてくださ~い」

「絵馬を見てて下さ~い」

これが自然体写真の真実です(^^)/

 

お宮参り写真は赤ちゃんの表情の変化

やっぱりお宮参りは赤ちゃんの表情の撮りたい。

寝ていることがほとんどで、赤ちゃん自身にあまり動きはないからこそ、たくさんの表情をお撮りしています。

目を開けたとき

寝てるとき

泣いたとき

いろんな表情を見せてくれる(^^)

 

固定概念にとらわれない撮影

僕の中でのお宮参り写真は、家族みんなの表情を撮ることを大事に考えています。

参拝に来た時のお姉ちゃんの表情も(^^)

全部大事なシーン。

おじいちゃん、おばあちゃんもいれば、みんなの表情を撮ります!

お宮参りの撮影だから、赤ちゃんがメインという考えはありません(^^)

 

もっと自由に、常識にとらわれない考え方が僕は好きなんです。

 

無理させたくない。負担をかけたくない想い

カメラを気にしない自然体の写真もいいけど、

やっぱりカメラを向いた笑顔の写真の写真も欲しい!

「僕自身がこれを撮りたい!」ではなく、ママさんの気持ちの考える。

いきなりカメラ目線の撮影だと負担に感じると思うから、

撮影に慣れてきた後半にカメラ目線の撮影をしてみようって思ったり、

カメラ目線の時は、時間をかけず一瞬で撮ったり。

「カメラ目線、負担に感じてないかな…」

撮影中はそんなことばかり気にしているかも^^;

誰よりも小心者の僕だから、申し訳なく感じてしまう。

写真が苦手な人の気持ちが誰よりもわかるからこそ、自然体写真を専門にしています。

今回の撮影時間は、ご祈祷時間15分くらいを含めても、約40分~50分。

1か月、2か月の赤ちゃんの体調を考えて、50分以内でご祈祷も撮影も終えることを大事にしています。

 

これが僕のお宮参り撮影です(^^)

写真が苦手、でもちゃんとしたお宮参り写真を残したい!

そんなご夫婦に、無理をさせない、頑張らせない撮影を心がけています。

今回は楽しい撮影をありがとうございました!

 

 

お宮参り写真をご希望の方はこちらの詳細ページよりご予約・お問合せください

⇩下の画像をクリックして、料金や流れなどを確認頂き、ご予約下さい。

【愛知県でお宮参り写真】100枚納品/ご希望の神社に出張撮影