久屋大通庭園フラリエ1周しながら自然体プロフィール撮影。 8月も毎日実施中です!≫≫

【川原神社でお宮参り撮影】ご祈祷中の写真も撮れちゃう!

2021年5月2日(日)12時~13時

撮影場所:川原神社(昭和区)

撮影ジャンル:お宮参り写真

納品枚数:121枚

 

【川原神社でお宮参り撮影】ご祈祷中の写真も撮れちゃう!

 

こんにちは!家族の自然体の姿を専門に撮るカメラマン。あらしまです(^^)/

 

今日は昭和区の川原神社でのお宮参り撮影のご依頼。

「かしこまった感じではなく、自然体の写真を撮ってほしい!」

という想いから僕にご依頼を頂けました(^^)/

川原神社のいいところは、ご祈祷中の写真撮影が可能なところ。

愛知県でもこのような神社はほんと珍しいです。

なので、おすすめの神社を聞かれたら必ず川原神社をお勧めさせて頂いております。

この日はゴールデンウィーク中ということもあり、ご依頼者の他にも数組の方と合同でのご祈祷。

ご祈祷時間はおおよそ15分程度。

受付時に書いた絵馬を受け取ってご祈祷終了。

ご祈祷後は、境内にて撮影開始。

まずは絵馬のある場所でパシャリ!

僕がお宮参り写真で残してあげたいのは、

きれいな着物を着て、産着を着た赤ちゃんとのママとのツーショット。

ところどころでカメラ目線の写真を撮りながらも、基本はカメラを意識していない瞬間にシャッターを押していきます。

写真を撮るためにカタチ作ったポーズをするわけではなく、とにかく自然体でいてもらう。

どこに立てばいいか?なんて関係ありません(^^)/

お宮参りの参拝に来たご家族の姿を密着して撮影するようなイメージなんです。

 

 

川原神社は赤い鳥居のトンネルが魅力的

川原神社での写真撮影が人気の理由は、この赤い鳥居。

普通に歩いてきてもらうだけでも、なんかいい感じ(^^)/

それに、「赤い鳥居」「木々の緑」が明るくて写真映え!

ここでは、パパと赤ちゃんのツーショットも。

赤ちゃんの泣いている表情も寝ている顔もなるべくたくさんの表情を撮りたい!

やっぱり我が子を見る親の表情は何とも言えない。

こんな自然な姿こそがお宮参り写真を撮る醍醐味。

 

 

親目線で撮るお宮参り写真

結局僕は、「自分の子か!」っていうくらいの親目線で撮っていることが多い。

自分が親だったらこんな写真が欲しい!って。

「自分って、我が子を見ている時にこんな顔になっているんだな~」

って、後から写真を見たときに感じられる写真。

それに子供が大きくなって、この日の写真を見たときに、親の愛情を感じるきっかけにもなる。

「パパ、頭よしよししてくれてたの?」

「おばあちゃんも一緒に参加してくれてたの?」

お宮参り写真ってそういうものだと思う。

自分がご依頼者の立場で、どんな写真が撮れたらうれしいのか?

撮影中はそんなことを想いながら。

きれいに撮る。

お洒落に撮る。

正直そんなことは二の次。

 

寝てた赤ちゃんが目を開けてこっちを向いてくれた時は、

「あっ!起きた!」って親より喜ぶ(^^)/

だからみんなが笑顔になる。

 

今日は僕にご依頼頂き本当にありがとうございました!

 

 

お宮参りの出張撮影。料金やサービス内容など気になる方がこちらをご覧ください

【愛知県でお宮参り写真】100枚納品/ご希望の神社に出張撮影