【カフェ経営】顧客の集め方

こんにちは。

お客さんに振り回されたくない。

短時間労働でらくに売上を作りたいカフェオーナーの荒嶋です。

 

あなたはカフェ経営において最も重要なものを知ってますか?

 

江戸時代の呉服屋は、

お店が火事になったときには顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んで逃げたといいます。

火事が収まったあと、顧客台帳を井戸から引き揚げればまた商売ができると知っていたからです。

 

「顧客リスト」

これがカフェ経営において最も重要な資産です。

 

顧客リストとは、1度来店したお客さんに再来店してもらうために、

お店に来店する機会をお店側が作り提供していくための個人情報です。

 

なぜ顧客情報が重要なのか?

 

答えは簡単です。あなたのお店に1度も来たことがない人に、

宣伝をして来店を促すことは非常にコストがかかるからです。

 

なぜなら、、、

 

1、        まずあなたのお店を知らない人に、あなたのお店を知ってもらう。

2、        お店や商品の魅力をあの手この手で伝える

3、        お得なクーポンなどをつけて初回来店してもらう

 

これらは、すでにあなたのお店に来店したことのある人に再来店してもらうのに比べ、

非常にコストと労力がかかるからです。

新規客を獲得するのは、既存客に再来店してもらうのに比べ、

約5倍のコストがかかるといわれています。

 

あなたも1度も入ったことのないお店に行って買い物をするというのは、

なかなかハードルが高いと感じませんか?

 

実際、ハガキDMを使って既存客にアプローチした場合と、新規客を集めるために所々に

送ったチラシでは、反応率がおよそ20倍も違うことはざらにあります。

新規客を集め顧客情報を獲得し、

そこにアプローチをかけ再来店してもらう。

 

これが中長期的にお店を繁盛させるための鉄則です。

 

新規客を追い求めるだけの経営では、

常に目の前の売上に追われることになってしまいます。

そのために、

顧客情報を集めるのです。

 

効果的な再来店対策をするにも

あなたのお店の経営を安定的にするためにも

この「顧客情報」は1番の財産になります。

 

そもそも飲食店に行って

個人情報を聞かれることってなくないですか?

 

美容院や整体にいけば

まず初めにカルテを作るために個人情報を

書くわけだけど、

 

ライバルが誰もやっていないことだからこそ

やりさえすれば一人勝ちできる。

ぜひあなたのお店でも顧客情報を獲得し、

今後の安定した経営を目指してください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です