カフェ開業3か月で100万赤字。失敗した理由

カフェ開業、私の失敗事例、、、

 

僕が、名古屋市で独立開業したのが2013年。今から5年前です。

今ではこんなブログを書いているけど、

開業当時は本当にやばかった。

3か月で100万円も赤字になって、、、、

 

4か月目には閉店も考えました。

スタッフは僕とアルバイトの2人。

 

開業前はフランス料理を15年やっていた職人でした。

味には自信がある。店内もおしゃれにした。

なのに、なぜ?

 

今ならその理由が良くわかります。

失敗した理由①お店の魅力を伝えていなかったから。

 

 

 

美味しい料理やドリンクを出していれば

お客さんは来てくれると思い込み、そもそものお店の魅力を伝えていなかったんです。

開業したては、とにかく新規客を集めなけばいけない。

でも、何でか知らないけど

美味しけば流行ると思い込んでいる。

 

これってよく考えたらおかしなこと。

まず来てもらって、食べてもらって、

初めて「美味しい‼」ってなって

「また来よう」ってなるのに

 

おかしすぎる。

 

美味しければ来てくれるのは、

一度来たお客さんに当てはまること。

 

新規客を集めるには、

お店を知ってもらう必要がある。

 

そして、行ってみたいと思うような

お店の魅力やこだわりをアピールしなければいけない。

 

これができていなかったんです。

 

 

 

 

失敗した理由② 再来店する仕組みを作っていなかった

 

売上を作る=新規客に来てもらう

このことしか頭になかった僕は、

とにかく新規客にしか目が向いていませんでした。

 

実はもっと重要なことがあるって気が付いたのは、その数か月後のこと。

 

それは、お客さんがもう一度来店するための仕組みがなかったこと。

 

業績が伸び悩んでいるお店ほど、「商品さえよければお客さんは来てくれる」と思っています。

そして、お客さんがただただ来店するのを首を長くして待っているだけ、、、

今日は来た!今日は来なった、、、の繰り返しの日々、、、

そして、「お店の売上が伸び悩んでいる」なんていうのは、ちょっと可笑しいと思いませんか?

 

 

お客さんが再来店してくれないのは、

お客さんというのは、

・お店のことを忘れっぽくて

・優柔不断で気まぐれ

だからです。

だったら、思い出させて来店するきっかけを作ってあげればいい。

 

 

つまり、

初めてのお客さん  再来店の働きかけ

 

こうして、初めて来店したお客さんには再度来店してもらえるように

お店側から再来店を促すアプローチ(ハガキDM)をする必要があるわけです。

 

たったそれをやっているかどうかで売上が大きく変わりました。

 

 

 

再来店客を増やすための3つのポイント

1、        お客さんアンケートと称して顧客情報を入手する

2、        入手した顧客情報に案内を定期的に送る

3、        すでにある分については早急に送る

 

 

こうして再来店客を増やしていきます。

 

失敗した理由③安いメニューしか注文されない

 

どんなにお客さんを集めても

安いメニューしか売れなかったら、売上は伸びません。

もし高いメニューがもっと注文されたら、

同じ客数でももっと売り上げ上がるのになぁ~なんて夢のように考えていました。

 

でも後々、それが現実に出来ることを知りました。

 

売りたいメニューを選ばせる方法があったんです!

それは、メニューブックの中で価値を伝えること。

 

そもそも人がなぜ商品を購入するのかと言ったら、

その商品に価値を感じたからなんです。

 

その金額を支払ってもいい価値を感じて購入する。

 

価値を感じてもらえば

値段なんか関係ないんです。

 

それまでの僕の作ったメニューは、

値段とメニュー名がかかれているだけでした。

それではおきゃくさんからしたら何もわからないし、

だから、選ぶ基準が値段の安さにしかない。

 

そりゃ~安いメニューしか注文されないわけです。

 

今ではメニューブックで価値を伝えて、

モーニング客単価1000円

ランチ客単価1850円

になりました。

 

売上が作れるお店になるためには、

それなりの努力が必要。

 

仕込みして、料理作っているだけではすぐにつぶれてしまいます。

 

あなたも僕のような失敗をしないように

慎重にカフェ集客を考えてみることをお勧めします!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
荒嶋 友基

荒嶋 友基

荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!

ABOUTこの記事をかいた人

荒嶋 友基

荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!