【愛知県】出張撮影します!

愛知県の方限定‼

無料でお店の料理写真とかプロフィール写真を撮ってほしい人いませんか?

 

僕が一眼レフを始めたのは

お店をオープンした5年前くらいです。

 

初めは料理写真をキレイに撮りたくて

始めたのがきっかけ。

 

でも最近は子供もできたこともあって

人を撮ることにハマってます。

 

人を撮っていて感じたのは、

 

写真に写る表情一つで

その人を魅力的に感じてもらうことができる

ということ。

 

 

商品だけが映っているホームページよりも

スタッフの魅力的な写真がある方が

お客さんから信頼を持ってもらえて、

仕事につなげることができると思うんです。

 

 

例えば、飲食店の方の

料理を作っているところの写真だったら、、、

 

こだわっている感じが出て

よりその人の作る料理の価値を上げることだってできます。

 

美容師さんなら、、、

 

“この人は信頼できる“ 

 

が伝わる写真があれば、

 

「この人なら任せてもいいぞ」

 

HPやポータルサイトからでも判断して

予約をもらうことができるんじゃないか、

と思うんです。

 

 

でも、僕もそうだったんですが、

 

プロのカメラマンに依頼すると、

何万円もかかってしまいます。

 

写真の重要性はわかっているのに

なかなか解決できない問題でした。

 

そこで、

 

今回僕は、そんな方のために

お手伝いできないかと思いました。

 

【無料で、写真をお撮りします。】

 

正直、お手伝いというよりは、

僕自身がもっとカメラの上達をしたいのです。

 

とにかくたくさんの写真が撮りたいんです。

 

なので、

 

逆にカメラマンとしての僕の成長に

協力してもらいたい。

 

というのが本音です。

 

 

 

 

時間は1時間程度。

無料ですが、往復の交通費だけお願いします。

気にいっていただけた写真は

すべて差し上げます。

 

 

 

申し込みはこちらから↓

https://55auto.biz/gokigen82/touroku/entryform2.htm

 

 

The following two tabs change content below.
荒嶋 友基

荒嶋 友基

荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!

ABOUTこの記事をかいた人

荒嶋 友基

荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!