【カフェ経営】まず何から始める❔

こんにちは。

お客さんに振り回されたくない。

短時間労働でらくに売上を作りたいカフェオーナーの荒嶋です。

 

売上と利益を伸ばすには正しい取り組む順番があるって知ってますか?

 

あなたのお店では、新規客は多いのに再来店客は少ない、、、とか

客数は多いのに、客単価が低くて利益が出ない、、、

ということになっていませんか?

 

 

実は、成果を出すためには、販促活動の正しい順番を守って行動しなければいけません。

その順番とは、、、

 
   

 

1、        客単価アップ(一人当たりの利益の改善)

2、        既存客の再来店対策

3、        新規客対策

 

なぜこの順番で取り組むのか?

 

多くの人は新規客を集めることばかりに注力し、

そのほかのことには、無関心な方が非常に多いです。

そういう方たちに共通している考えは、

客数が増えれば売り上げは上がると思っているということです。

 

新規客を集めるよりも再来店対策

しかし、そのような考えだと客数が増えたとしても、

そのお客さんたちが再度来店するためのお店側の再来店を促す仕掛けがなかったら、

いくら水をすくっても垂れ落ちるざるのように新規客を集めたそばから流出するからです。

 

だから新規客を集めようと思ったら、

先に一度来たお客さんが再来店する仕掛けをしておくべきなんです。

 

 

再来店対策よりも客単価対策の必要性

どんなにお客さんが増えたとしても一人から得られる利益額が低かったら

どんなにお客さんを集めても儲からないですよね。

 

薄利多売とか聞こえがいいですけど朝から晩まで働けど儲からないことの連続です。

やっぱりお店を長く続けるためには一人ひとりから

きっちりと適正利益をいただかなくてはいけません。

 

だから最初に客単価対策をして、、、

 
   

 

1、        利益が取れる適切な販売価格で売れるようにすること

2、        購入点数が増えるような店内での販売対策をする

 

この2点がや大切です

 

このように、着実にお店の売上を伸ばしていくには、

 

1、        一人当たりの利益を取れるような販売価格の設定

 

2、        陳列、メニューブック、POPなどによる客単価アップをして

一人当たりの利益をちゃんと確保してから

 

3、        再来店の仕組みを作り

 

一度来たお客さんが何度も来店するきっかけ作りをして初めて、

新規のお客さんを増やす取り組みをしていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です