【カフェ経営】お客さんが来ない2つの理由

こんにちは。

お客さんに振り回されたくない。                                       短時間労働で売上を作りたいカフェオーナーの荒嶋です。

 

あなたはなぜお店にお客さんが来ないのか考えたことがありますか?

 

 

そもそもあなたは、なぜお店にお客さんは来ないのか考えたことはありますか?

美味しい料理や良いサービスを提供していても潰れるお店は山ほどありますし、

立地が良くても価格が安くても潰れていきます。

その逆で、商品やサービスがさほど良くなくても繁盛しているカフェはあります。

 

「やはり価格が高いからいけないんじゃないか?」

「あっちのお店は、もっと安いし、、、」

「こっちのお店は割引してるし、、、」と

結局自分のお店の商品をどんどん安くしちゃっていませんか?

 

しかしそれだと、売っても売っても儲からない。

全然利益が残らない状態になってしまいます、、、

じゃあ、なんでお客さんがお店に来ないのか?

 

実は、お客さんがお店に来ない理由は、

主にこの2つの理由であることが多いです。

それは、、、

 
   

 

①   お店の存在を知らないから

②   お店の存在は知っているけど、行く理由がないから

 

 

「えっ、それだけ?」と思われたかもしれません。

 

しかしこれが現実なんです。実は多くのお店の経営者がこのことをしっかりとわかっていません。

✓美味しいものさえ作っていれば、いつかはわかってもらえる。

✓一回来てくれれば満足してもらえる

 

と思ってるし、何よりもそう思いたいのです。

 

例えば、実際あなたの街にある飲食店すべてを知っていますか?

あなたの街にいくつの美容室や治療院があるでしょうか?

 

あなたが車を走らせていて、地元で閉店したお店があったり、

あるいは解体しているお店があったら、

そのお店がもともと何のお店だったのかパッと思い出せますか?

 

僕は思い出せません…

解体している建物を見ても、これがもともとどんなお店だったか思い出せないし、

そもそも分からない、、、

 

もしかしたらあなたもそうですか?

確かに、自分の興味がないことに対しては

情報なんて入ってこないですよね?

なので自分のお店のことなんてお客さんはほぼ知らないんです。

残念なことに、多くの人がお店のことを知っているだろうというのは、、、

完全な思い込みなんです。

思い込みなんです

思い込みなんです

 

 

そのために、まず初めは、

 

 

・お客さんにできるだけお店を知ってもらえる認知活動を行い、

・お店に来てもらうためのキッカケや来店理由をお客さんに伝えていくこと。

お客さんがただ来るのを待つんじゃなくて、お客さんが来店するように働きかける。

お店側からお客さんにアプローチしていくということが重要です。

 

自らアプローチするという経営スタイルに切り替えることで、お客さんは確実に増えます。

そして、

「今日お客さんが来るかな~どうかな~」なんていう、

日々悩んでいたことから解放されて、

今月は何人来店してもらうための取り組みを 何したらいいのかというのがすぐわかるようになります。

実際、僕のお店では、

待つ経営からアプローチする経営に変えて、

儲かるお店作りをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
荒嶋 友基
荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!

ABOUTこの記事をかいた人

荒嶋 友基

荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!