売り込まない文章術

今日の午前中は、通販事業をされている方との個別相談。
LINE@のフォロワーの集め方を悩んでいました。

今はインスタグラムで、
「LINE@に登録してくれたらクーポン券プレゼント」

ってやっていたんだけど、
全然増えないみたいです。

その文章を見ると、
セールス感丸出し、、、、。

はっきり言って、
セールス感を感じる文章は、拒絶されます。

「登録したらセールス情報ばかりが届くんだろうな、、、」

と感じさせてしまって、逆効果になっちゃいます。

人はセールスされるのが嫌いなので、
セールス感の感じない文章を書くことがとっても重要‼

これは、チラシでもホームページでもDMでも
どんな販促物にも共通して言えること。

だから自然な流れでLINE@に登録してもらえる文章を
提案しました。

まず手っ取り早く集められるのが、
すでに購入してくれた人にDMを送ること。

その文章の中で、
まずは以前購入してくれたことの感謝を伝え、
その後の状況を問いかけます。

「その後○○はお役に立てていますでしょうか?」
「○○様が購入して下さった○○は、私自身もすごく思い入れの強いものです。
なので、その後の状況がすごく気になっていました。」
「もし何か問題がありましたらなんでもおっしゃって下さい。すぐに対応させていただきます」

このように、今でもあなたの事を気にかけていることを伝えるんです。

そして、

「最近LINEを始めました。LINEならすぐにメッセージに気づき、
迅速に対応させて頂けますので、今後はLINEからお気軽にご連絡下さいネ!」

こんな風に自然な形で登録を誘導できてしまいます。

売り込むことなく、自分の望む行動をしてもらえるようになる文章は
商売をするうえでめちゃくちゃ重要です。

そしてそれは、
通販でも店舗経営でもなんでも‼

お客さんを集めるのだって結局は文章です。

チラシ、ホームページ、食べログ、、、、
これらすべてにおいて
文章と写真だけで構成されているという事実。

人はその文章を読んで、
「行きたいか」「行きたくないか」
を判断するんです。

だってそれ以外に判断基準がないから、、、、

そうやって考えれば、
文章次第でお客さんの感情を刺激し、
来店に結び付けることができちゃうんです。

言葉の力ってそれくらいパワフルです(^^)/

 

The following two tabs change content below.
荒嶋 友基
荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!

ABOUTこの記事をかいた人

荒嶋 友基

荒嶋友基 1982年2月15日 愛知県出身 カフェヴェリーヌ代表/カフェ集客サポーター 【カフェオーナーとして】 2013年に名古屋市で開業した「カフェヴェリーヌ」は3か月で100万円の赤字に。「美味しい料理を作っていればお客さんは来てくれる」この考えが間違いだったことに気づき、本格的に集客の勉強を始める。 最初に始めたのは新聞折り込みチラシ。 どんな言葉を投げかけたらお客さんは来たい!と思ってもらえるのか? 何をどんな順番で伝えたらお客さんの心を動かし来店してもらえるのか? という行動心理を学び、開業から1年で売上は2倍。2年で3倍まで伸ばすことに成功。現在もお店で料理を作り続け、地域一番店を目指している。 【失敗しないカフェ経営サポーターして】 カフェ経営5年間の中で、数々の失敗を経験してきました。 正しい経営の知識を学び売上を大きく伸ばしてきた僕ですが、、 その中で、他の店が閉めたり、閉めようとしていることを聞くと、 「少しでも力になりたい」と思うようになってきました。 当時の僕と同じような境遇にあるカフェ経営者さんを見ていると、 「僕にも何かお手伝いできることができないか」という想いで 現在は、カフェ経営の傍ら、セミナー活動、執筆活動、たまにコンサルティングなどをしています!(^^)!