お客さんは理由を欲しがっている?

こんにちは、荒嶋です!
僕のお店では、販促物を作る際に気を付けていることがあります。
それは、「理由を述べる」ということ。

ここで言う理由とは、
割引する理由や
クーポン券をプレゼントする理由
このメニューをおすすめする理由
お客さんの9割が主婦である理由
僕のお店に来た方がよい理由

などなど….
僕がどうしてこんなにも「理由」にこだわるのかというと、
それは、

「お客さんは理由を欲しがっているからです。」
もっと言うと、お客さんは理由がないと行動しないんです。

僕はこれまでカフェ経営3年間の中で
本当に必死に勉強を続けてきました。
チラシを出しても反応がなく、それに投資した約10万円のお金を無駄にしたこともあります。
地域のフリーペーパーに割引クーポン付きの広告をだしても
掲載料の8万円の元も取れない
という失敗もたくさんしてきました。
そのたびに僕は、「どうしてこんなことになるんだろう」
と、その記事を眺めては、何がダメだったのかを研究しました。
そんな中で、お客さんの行動心理や
感情の変化を理解することが重要だと想い、
心理学の高額セミナーに参加したこともありました。
そういった学びの中で
わかったことがあるんです。

それは、販促物の中で

どんなに魅力的なことを書いても
どんなにお客さんにとってのメリットを書いても
その根拠を明確に伝えないと、
そもそも信用をしてもらえないということです。

つまり、理由です。

例えば、
クーポン券をプレゼントなら、
「なぜクーポンをプレゼントするのか?」
を伝えます。
何も理由もなしに「無料プレゼント」
なんて書いてあっても、
何か怪しい…
何か裏があるんじゃないか…
と思われてしまいます。

例えば、
訳あり商品ってありますよね?
この部分に少し傷があるので、正規価格で販売することができません。
でも、それ以外は新品そのものです。
という感じで、この商品はどうしてこんなにも安いのかを
正直に教えていることで、安心して購入できるんです。

だから、僕たちカフェ経営でも、
必ず理由を伝えなければいけません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当店は今月で開業3周年を迎えました。
これまで多くの方にお越し頂き本当に感謝しております。
そこで、3周年を迎える今月、
日頃の感謝の気持ちを込めて
このfacebookページを見ている方だけに!
このチラシをお持ちの方だけに!
このハガキが届いたあなただけに!
利用代金より100円引きの特別クーポン券を
プレゼントさせて頂きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな感じで書けば、
お客さんは何も疑いも持たずに
クーポン券をもって来店してくれます。

理由ってめちゃくちゃ大事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です